前へ
次へ

受付でのお悔やみの言葉や挨拶の葬儀マナー

まずは受け付けを済ませるのがお葬式参列時のステップですが、葬儀マナーとしてお悔やみの言葉にも気を付ける必要があります。
受付でのあいさつはお悔やみの言葉を述べてになりますが、饒舌にしゃべる必要はありません。
心よりお悔やみ申し上げますと言うのもよくある言葉ですし、このたびはご愁傷様でございますというのも一般的です。
このたびはと言って絶句しても、葬儀マナーとして何ら問題はありません。
日常の会話とは異なり、悲しみの中での言葉は下手に口にはできませんので、上手にしゃべろうとする必要もないです。
避けるべきなのは故人の死因についての話題や、忌み言葉で不吉なことをイメージさせるようなワードであり、大往生だといった無神経な発言も控えます。
亡くなった年齢が高齢であったとしても、言葉は慎まなければなりません。
受付は遺族たちから依頼をされた人が行っていますが、その時だけは遺族の代わりであり、代表ですから、参列時に受け付けを通る際の言葉にも気を付けることです。

Page Top