前へ
次へ

服装に関する葬儀マナーは

葬儀マナーの中でも周りの人にも影響を与えることがあるのが、服装です。
男性よりも女性のほうが細かいマナーがあるので、注意をしなければいけません。
例えばストッキングは黒に限定されていたり、ヒザの見えるスカートは避けるべきだったり、年齢に見合った喪服を用意するなど様々な点で注意が必要になってきます。
他にも靴のデザインやヒールの高さも葬儀マナーとして考えられているので、急に不幸があった際に対応をすることができるように、葬儀用の靴を用意しておくとよいでしょう。
光沢のあるものは避けなければいけない、ということもあります。
また前回の葬儀の参列から時間が経過をしていると靴が劣化をしていて履くことができない状態だった、という可能性もあるので、定期的にお手入れをしておくとよいでしょう。
いきなり参列をしなければいけないという状態になることはとても多いので、もしもの時に備えておく、というのはとても重要なことです。

Page Top