前へ
次へ

宗派によって異なる葬儀マナー

日本では仏教式のお葬式が多いので、まずは仏教の葬儀マナーを押さえておくと役立ちます。
また仏教式でも宗派によって細かい違いがあります。
数珠の形が違ったり、焼香の回数や作法が違うなどですが、そこまで細かく見ていて指摘する人もあまりいないでしょう。
汎用性の高い基本の数珠を用意しておけば問題ありませんし、焼香の作法も前の人の手順を見ておけばさほど困ることもありません。
万全を期するなら参列する葬儀の宗派を調べておき、焼香の手順を確認しておくと当日にキョロキョロしなくて済むでしょう。
それから相対的に数は少ないですが、キリスト教式の葬儀マナーも存在します。
自分の家が仏教式の場合は、最低限必要な手順を事前に調べておくのがいいでしょう。
キリスト教では焼香ではなく献花をすることが多いですが、これもちょっとした手順があります。
また、キリスト教では故人は死後は神のもとへ行くため、お悔やみの言葉も変わってきますので注意が必要です。

Page Top