前へ
次へ

故人との関係性による葬儀マナー

葬儀に参列をする場合には、香典を持参しなければいけません。
その金額に悩んでしまうこともあるでしょう。
香典の金額も葬儀マナーの中ではとても重要なことになってくるので、故人との関係性を考慮した上で金額を決める必要があります。
あまりにも金額が低いのも失礼ですし、高額なのも恐縮をしてしまうので、一般的な香典の金額をインターネットで調べて、その上で包むようにするとよいでしょう。
また宗教や宗派によっても香典袋の種類が異なってきます。
神道の場合にはお榊料、キリスト教式の場合にはお花料ということになります。
仏教式のご霊前を出さないようにしなければいけません。
仏教でも葬儀の際には必ずご霊前になります。
ご仏前は七七日が過ぎてからになるので、間違えないようにしましょう。
この間違いは葬儀マナーの中でも行ってはいけないことの1つになっているので、参列をする前に必ずチェックをしたほうがよいです。
宗教の形式が分からないのであれば、予備の香典袋を用意しておくとよいでしょう。

Page Top