前へ
次へ

葬儀マナーとして真珠が許される理由

世界には多くの宝石がありますが、多くは日本以外の地域で産出されたり生産されたりしているようです。
ただある宝石に関しては日本産のものが良く知られていて、世界においても高い評価を受けているようです。
それが真珠でパールとも呼ばれています。
白でありながら光沢のある円形で、あこや貝に芯を仕込んでおいて養殖を行います。
真珠のネックレスとなるとかなり豪華なものもありますが、葬儀マナーにおいても真珠だけは許されると言われています。
さすがに真珠がたくさん付いたネックレスをするのは葬儀マナー違反になるときもあります。
身に着けるとしたら一粒のネックレスやネックレス、ブローチなどになるでしょう。
男性であればネクタイピンに真珠が付いたものを身に着けてもマナー違反にならないとされています。
真珠が許されるのは一粒の真珠が涙のように見えるためとされています。
葬儀においては故人を偲ぶ悲しみの場であり、真珠であれば悲しさを表現しているとみなされています。

Page Top