前へ
次へ

お通夜など遺族側の葬儀マナー

人が亡くなると葬儀の中にお通夜があり、これは夜を通して灯りを消さずにいる儀式になります。
目的としては亡くなった故人の遺体を見守ることがありますので、親族のほかにも友人などが集まってきて別れを惜しむ時間となります。
それでも葬儀マナーがありますので亡くなった故人の冥福を祈ることが大事ですし、仲間だったということでも度を越えて騒ぐ行為はやってはいけません。
一晩中の儀式になり灯明と線香の火を絶やさないようにすることですので、火を扱うことからも周りは注意をすることも忘れないようにする時間です。
一般的なタイミングでは亡くなった翌日にすぐ準備をして、近くからと遠方からの弔問客を迎えてのお通夜を行います。
翌々日に葬儀や告別式という進め方になりますので、準備段階から考えると日程はとても重要な役割を持っています。
葬儀マナーとしては、遠方から人を迎える時には最大限の感謝の気持ちをこめることや、宿泊場所を手配したりクルマなども用意することも必要です。

Page Top