前へ
次へ

遺族の服装についての葬儀マナー

葬儀においては、喪主や遺族は、原則として喪服を身につけるのが葬儀マナーになります。
喪服に関しては、洋装及び和装があります。
そして、男性の方は原則的に洋装を身につけていくことが多く、女性の方は洋装及び和装半々位です。
洋装及び和装に格の上下はないので、着やすいものを選ぶと良いでしょう。
若い人で喪服を所有していなかったり、いきなりの出来事で下準備する時間がない場合、葬儀屋から借りることができます。
レンタル代の平均額は1万からとなっています。
ですから、葬儀屋にレンタルができるかコンタクトを取ってみましょう。
遺族については参列者を迎える位置づけのため、葬儀マナー的に失礼がない身だしなみを心掛けることが重要になります。
場に相応しくないデザイン、露出などは回避すべきです。
ヘアスタイリングは、ロングヘアなら結び、色鮮やかな色に染めているケースでは黒に染め直すことが重要になります。

埼玉対応のプロの遺品整理業者
プロの片付けサービスをご提供させていただきます

満足いくお見送りができるよう当社はお手伝いをいたします
多彩な葬儀プランがあり、余計な追加料金もかかりませんので安心して葬儀を執り行うことができます。

男性の方は原則として、ブラックスーツを着用することになります。
シャツに関しては白無地で、ネクタイは光沢が見られない黒無地を選ぶと良いでしょう。
靴、靴下いずれも黒によって統一し、ネクタイピンなどは外すことが重要になります。
カフスボタンをセットにする場合は黒石を選び、時計やアクセサリーは取り外します。
黒のスーツについては、ブラックスーツではありませんから気をつける必要があります。
黒のビジネススーツなどを身につけていくことは葬儀マナー違反となります。
ですから、留意することが大切です。
一方、女性に関しては、黒無地のワンピース、あるいはスーツを着用することになります。
素材についてはシルクなどの光沢のないタイプを選択します。
ストッキングでは黒を選び、靴は黒のパンプスを着用することになります。
ワンピース並びにスーツに着用するブラウスに関しては襟元の詰まっているものを選択しましょう。
和装にあたっては黒無地の着物を着衣します。

Page Top