前へ
次へ

斎場を利用する時の葬儀マナー

昔は自宅で葬儀を執り行い、故人を送り出すというのが一般的でした。
しかし最近では自宅で見送ることはせず、専用の斎場を利用することが多くなってきています。
専用の斎場であってもそれぞれの葬儀マナーはあるので、もしも分からないことがあった場合には葬儀会社に相談をしてみるのもよいでしょう。
通夜を執り行い、親族であれば斎場に泊まって故人を思い出す、ということも必要になります。
そのまま帰ってしまう、というのはマナーに反していると考える人もいますが、最近では遺族も疲れを解消しなければいけない、ということがあるので、特にこだわらなくなっています。
斎場で見送る場合特有の葬儀マナーもあるので、葬儀会社にも確認をしておくとよいでしょう。
葬儀会社であれば慣れている部分はありますが、遺族の場合には慣れていることはないので、どういう点に注意が必要なのか、なども相談をしてしっかりとアドバイスを求めておくとよいかもしれません。

Page Top